さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2018年06月30日

「月見草珈琲店」

優しくて楽しい、とてもステキな芝居でしたわ。最後のシーンで、いきなり「ハリラブ」思い出したのは、ここだけの話。  

Posted by ふとまつ at 16:13Comments(0)観覧・鑑賞

2018年06月24日

2018年6月23-24日(土日)「林檎園日記」出演@中央区

6月、演劇公演に出演しまっつ。

札幌が生んだ演劇界の巨匠・久保栄。
実際に札幌の平岸にあった林檎園を
モデルに彼が書いた「林檎園日記」。

没後60周年となる今年上演される同作品に、
まっつ出演いたします。

公式サイト 林檎園日記.jp
http://xn--hdsw85afib08ert8c.jp/

--18.05.02追記↓
なお久保栄作品上演実行委員会により
クラウドファンディングも
今月からスタートしております。
https://camp-fire.jp/projects/view/74793
ご協力いただけそうな方々への
拡散にご協力いただけたら幸いです。
--↑18.05.02追記

--18.06.10追記↓
【あらすじ】
 日中戦争(昭12)のころ、北の都(札幌・平岸)
郊外の開拓以来の旧家安倍林檎園の当主正義は、
その集落で自ら主導した新しい栽培法が家憲を
守る母壽々の反対で受け入れられず嫌気がさし
て家を出、鉱山に手を出したが失敗。大正期に
増やした地積を人手に渡すことになり、開拓当
初の官給地だけとなってしまった。壽々の孫娘
道子、叔父の信胤、常雇いの今朝吉ら没落して
いく一家のそれぞれの思いや葛藤を描いた作品。

【お知らせ】
当初予定していた金田一仁志氏は都合により出演できなくなりました。

【関連講演のご案内】
6/23日の公演終了後に、井上理恵氏による
「21世紀に生きる久保栄 - 「林檎園日記」の今」
と題した講演が、引き続き同所ホールにて実施されます。
16:30開場16:45-18:00予定
料金:無料

【関連展示のご案内】
「久保栄回顧展」
日時:6/18(月)-24(日)9:00-20:00(最終日は17:00まで)
場所:同所(センターポルト)のギャラリーA
料金:無料
--↑18.06.10追記

*+*-+-**
久保栄作品上演実行委員会 主催
「林檎園日記」
//
■日時:
6月23-24日(土日)
両日とも13:30開場、14:00開演〜16:15終演予定

■場所:
北翔大学北方圏学術情報センターポルト ポルトホール
札幌市中央区南1条西22丁目1‐1

■料金:
前売 一般2,800円、学生1,000円
当日 一般3,000円、学生1,500円
なお、中高校生招待枠を100席〜150席用意します。

□キャスト:
小山由美子・城島イケル・平井伸之
野田頭希・百島匡・鎌田脩平
田中伶奈・松本直人・猪股五郎
佳猫まいか・小林なるみ


■スタッフ:
照明 鈴木静悟
音響 冨井昭次(株式会社ジョーダウン)
服部正巳(STACE CONSU「NC CO"LTDD)
百瀬俊介
舞台美術 福田恭一(FUKUDA舞台)
メイク 藤原宏行
衣 装 冨田玲子(北翔大学)
大信田静子(北翔大学)
特殊効果 吉田ひでお(アーリオエ房)
演出補 イナダ(イナダ組)
宣伝美術 森井綾(北翔大学)

■お問い合わせ先:
制 作 村松幹男
畠山佳奈美
金田一仁志
荒谷知優
電話 011-387-3969(研究室直通)
メール ringoenn60nikki@gmail.com
住所 札幌市中央区南1条西22丁目1-1
北翔大学北方圏学術情報センター
ポルト 舞台芸術研究グループ

■主催等:
主催 久保栄作品上演実行委員会
共催 (公財)北海道文化財団
北翔大学
後援 北海道 / 北海道教育委員会
札幌市 / 札幌市教育委員会
北海道高等学校文化連盟石狩支部演劇専門部
協賛 淑萃会(北翔大学同窓会)
協力 北翔大学芸術学科、北翔大学短期大学部ライフデザイン学科

公式サイト 林檎園日記.jp
http://xn--hdsw85afib08ert8c.jp/
*+*-+-**  続きを読む


Posted by ふとまつ at 16:30Comments(0)終了分告知演劇

2018年06月09日

2018年8月1-22日(毎水) 読み語り講座18夏期@中央区

読み語り講座
まっつ の「読み語り講座」2018年夏期開催!

(まっつって?→まっつ紹介ページ)

春以来の開催、お待たせしました。

今回は全4回、連続水曜日です…が
「読み語りエンジョイ講座」は毎週
「読み語りワークショップ」と「読み語りチャレンジ講座」は交互の
隔週開催となります。

FBイベントページ

参照過去実施分告知
第一期/→夏期/→第二期/→2017春期/→2017第一期/→2017夏期/→2018春期

・18夏期講座、募集開始します。

・【エンジョイ講座】
 「読むこと」の楽しさを広げたい。
 そんなスタンスの講座です。
 お互いに読み合い聞き合うことで
 いろんな可能性が見えてくるはずです。

・【読み語りワークショップ】
 声や身体で表現する楽しさ・面白さ・奥深さを
 少しでも感じている方々とともに
 「読み語り」から発想できる
 様々な表現のあり方を探求してみようという
 本来的な「ワークショップ」の場です。
 (今期はチャレンジと隔週開催です/1日・15日実施)

・【チャレンジ講座】
 「役立つ」評判は高い「チャレンジ講座」。
 昨年夏期からの形式で
 即戦力的にあなたらしい読みを錬磨する時間。
 鍛え上げたい作品等を必ずお持ちください。
 (今期はワークショップと隔週開催です/8日・22日実施)

*-*+*-*+【以下告知】
ヨミガタリストまっつ の
「読み語り講座」2018夏期
(開講3年目・通算第八期)

※各回ごとの申込です。日程のご都合に合わせて
 日にち・プログラムをお選びください。

***
【読み語りエンジョイ講座】(8月1日・8日・15日・22日)
1回2時間/13時10分〜15時10分
●料金等:基本定員各回9名。各回ごと参加1回1200円(定員を超えた場合割引あり)・見学(定員外)500円
●内容:読んで伝えるのが「読み語り」の基本。それはコミュニケーションのひとつです。聴くことも重視して、楽しみながらその基本に親しんでいただきます。「読む」「聴く」から「聴いたものを読む」「読んだものを別の声で聴く」まで。いろんなことが見つかるはずです。
●参加条件等:16歳以上・経験不問。読む楽しみを見つけたい方ならどなたでも。技術的なことはあまり追求しません。とにかくまずは楽しみましょう。
◎準備物等:ジャンル問わず読んでみたい文章をお持ちください(見学者は不要)。その一部を少しずつ読んでいただきますが、お持ちでない場合には課題文等をご用意します。筆記具等はあったほうが便利です。
***
【読み語りワークショップ】(8月1日・15日)
1回1時間50分/(8月8日・22日)15時20分〜17時10分
●料金等:基本定員6名程度。各回ごと参加1回1500円/見学(定員外)は1回のみ可500円
●内容:一人で読むいわゆる「朗読」から、語り手と演技者で紡いでいく「語り芝居」まで。「読み語り」のフィールドはその全域に及びます。このワークショップでは、同じ一つの作品を多様なスタイルで表現することを試みながら、上演作品化への可能性を探ります。
●参加条件等:18歳以上・初心者以外。ただじっと読むだけでは飽き足らない人にお薦め。現段階では特に成果発表等は予定していません。「読み語り」の技法やスタンスを見つめていくことになります。具体的内容は参加人数によって異なる場合があることをご了承ください。
◎準備物等:課題作品のテキストはこちらでご用意します。筆記具類が不可欠。また、動きやすい服装を推奨します。
***
【読み語りチャレンジ講座】(8月8日・22日)
1回1時間50分/15時20分〜17時10分(少人数の場合には短縮することあり)
●料金等:定員各回4名。各回ごと参加1回2000円/見学(定員外)1000円
●内容:淡い表現で聴き手の想像力に広く任せて伝えることも、色濃い表現で想像力を強く刺激して伝えることも、「読み語り」として成立します。あなたによりマッチする表現を探っていきましょう。具体的に実演予定がある際のチェック機会としても、お役立ていただけます。
●参加条件等:18歳以上。要経験(エンジョイ講座3回経験程度)。経験が少なめでもまっつの読み語りスタンスをご存知で「読み伝える」意欲のある方なら大歓迎。まっつからの具体的アドバイスとともに、参加者相互に伝え合う場にもなります。
◎準備物等:ジャンル問わず、読みを鍛えたい文章をお持ちください(見学者は不要)。その一部をおひとりで読んで(7分程度目安)いただきます。筆記具等はあったほうが便利です。
***

■日程:8月1日から22日までの毎週水曜日4回(ワークショップ・チャレンジは交互に各2回ずつ)
 (8/1・8・15・22)
■場所:あけぼのアート&コミュニティセンター 交流室
http://www.concarino.or.jp/akebono/v2/akebono.php
 札幌市中央区南11条西9丁目4-1
 TEL:011-513-6181
 市電中島公園通駅から徒歩約6分
 地下鉄南北線中島公園駅から徒歩約12分
 (駐車場については最下段[補足事項]をご参照ください)
■実施時間・料金(再掲):
 「エンジョイ講座」13時10分〜15時10分/各回ごと参加1回1200円・見学500円(毎水)
 「ワークショップ」15時20分〜17時10分/各回ごと参加1回1500円/見学は1回のみ可500円(8/1,15)
 「チャレンジ講座」15時20分〜17時10分/各回ごと参加1回2000円・見学1000円(8/8,22)
■お申し込み・お問合せ
 まっつ:RXP03542@nifty.com
■協力:ヨミガタリを楽しむ会

[注]
※参加(見学)希望講座(ワークショップ)・日にちを随時お知らせください。
※「エンジョイ講座」については、基本定員を超えても12名までは参加受け入れます。その際は若干料金割引をさせていただく予定です。
※受講料のお支払いは参加見学とも当日受付時に、現金にてお願いいたします。(ワークショップフル参加者は一括初回払いのほか、分割払いも可能です)

《ご準備いただくもの》
(共通)上履き(会場のスリッパをお使いになるなら不要/スリッパで可)・筆記具等
※ワークショップ参加者は動きやすい服装を推奨。スリッパはお薦めできませんので上靴等をご用意ください。

[補足事項]
・あけぼのアート&コミュニティセンターには有料駐車場があります(一般駐車場と同程度の駐車料がかかります。個々に同センター窓口で手続きしてください)。
・会場屋内は土足厳禁です。同センターしつらえのスリッパもありますが、各自で上履きをご用意いただいてもけっこうです。
・その他、会場のルールはお守りください。
*-*+*-*+  続きを読む


Posted by ふとまつ at 01:19Comments(0)告知講座等募集

2018年06月03日

2018年6月3日(日) モンクール定例ライヴ36@中央区

「モンクール読み語りライヴ
 〜「詩」を想い、そして 思い出す日。36」

□今回もリニューアル前のオーソドックススタイル。
 特集詩人は、尾形亀之助。
 なんと、モンクールオーナーのセレクトです!
 参照:青空文庫
  http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person874.html

■後半のフリーリクエストタイムは、
 いつもの通り、詩に限らず日本語ならなんでもOK。
 自作も歓迎です。

□モンクールのパンと飲物も別途ご購入の上、
 飲食しながら味わえるライヴです。

■FBイベント:
https://www.facebook.com/events/203451113596948/

*+--*+-+-
「詩」を想い、そして 思い出す日。36
---
■6月3日(日)開場12時頃/開演13時
場所:詩とパンと珈琲 モンクール(011-611-3747)
   北3条西18丁目2-4 北3条ビル1F(南向き)

◆第1部◆
特集詩人:尾形亀之助

〜〜 小休憩 〜〜

◆第2部◆
前座タイムからスタート。
後はまっつの、フリーリクエストタイム
詩に限らず、日本語ならなんでもOK。
まっつに読んで欲しい本や文章をお持ちください。自作も歓迎!

料金:投げ銭

お昼頃からお店開いてます!
別途購入の上、パンdeランチぜひどうぞ♪
スープ付きドリンクバー300円もお得!

前座2枠募集中。
*+--*+-+-  続きを読む


Posted by ふとまつ at 15:10Comments(0)終了分告知