さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2015年01月21日

2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》(最終)

 夏目漱石の名作「夢十夜」を、
 再び冬の夜長に楽しみましょう。
 市内外あちこちで実施予定。
 まっつ以外の読み手参加者も募集します。

【ヨミガタリストまっつの活動は
 確かに10年を超えたよ記念企画・第2弾】
 2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》

こんな夢を見た。

こんな夢を見た。

「夢十夜」Nights

こんな夢を見た。

「夢十夜」について

■参加応募・観覧予約・問合[栗山町実施回は主催者にご連絡ください]
RXP03542@nifty.com / 080-5597-1731
※メールの使える方は必ずメールでご連絡ください。

 2014年11月末から1月下旬まで、
 夏目漱石の名作「夢十夜」を、
 冬の夜長にお届けします。
 今期こそ、Ten Nights実施なるかっ!
 (いやいや無理でしょ)(ムリでしたSix Nightsで確定)
 すべて終了いたしました。
 ありがとうございました。

読み手募集状況:
http://footmats.sapolog.com/e425171.html

終了しました<First Night>
日時:2014年11月29日(土)17:00開演(30分前開場)
場所:石の蔵ぎゃらりぃ はやし
札幌市北区北8条西1丁目1-3 ( 011-736-0884 )
観覧料:基本料金+1ドリンクオーダー(500円)
なかなかいい感じで終わりましたよー。ありがとうございました。
詳細告知:http://footmats.sapolog.com/e424987.html



終了しました<Second Night>
日時:2014年12月20日(土)18:00開演(30分前開場)
場所:登録有形文化財 明治 蔵元の生家 小林家
夕張郡栗山町錦3丁目109番地 ( 0123-76-7228 )
主催・予約・問合:ヨミガタリを楽しむ会( tanosimuyomigatari@yahoo.co.jp)
主管:松本言語表現実選所(MGHJ)
後援:栗山町教育委員会
特別協賛:小林家
観覧料:基本料金+1オーダー
やはり明治の建物は、それだけですべてが舞台装置でした。
ありがとうございました。
詳細告知:http://footmats.sapolog.com/e424988.html


終了しました<Third Night>
日時:2014年12月22日(月)20:00開演(30分前開場)
場所:ラグリグラ劇場 ( 011-813-8338 )
南区澄川3条3丁目 米永ビル2F
共催:シアター・ラグ・203
観覧料:基本料金のみ
劇場空間的な黒い背景が、これまたいい風情でしたよね。
詳細告知:http://footmats.sapolog.com/e426366.html


終了しました<Fourth Night>
日時:2014年12月27日(土)18:30開演(30分前開場)
場所:詩とパンと珈琲 モンクール ( 011-611-3747 )
中央区北3条西18丁目2-4 北3条ビル1F(南向き)
観覧料:基本料金 +ドリンクバーオーダー(300円[珈琲、紅茶、スープ])または1パン購入
少人数でしたが、実にアットホームな楽しい雰囲気でした。
詳細告知:http://footmats.sapolog.com/e424990.html


終了しました<Fifth Night>
日時:2015年1月16日(金)19:00開演(30分前開場)
場所:studio Mk-Boo!(劇団マキニウム稽古場)
東区北25条東16丁目1-2ステラ元町3F
共催:演劇集合体マキニウム
観覧料:基本料金のみ
マキニウムさんが照明効果を工夫してくださり、落ち着いた風情でした。
詳細告知:http://footmats.sapolog.com/e426373.html


終了しました<Sixth Night>
日時:2015年1月21日(水)19:00開演(30分前開場)
場所:Cafe Estrada[エストラーダ]
豊平区旭町5丁目2-26 ( 011-831-4912 )
観覧料:基本料金+1ドリンクオーダー(500円※)
音楽ライブのスポットでもあるだけに、音の響きがまた独特でした。
詳細告知:http://footmats.sapolog.com/e426422.html

※<Six Nights>で確定したため、(仮)はすべてはずれました。

【読み手参加について】
※参加希望の方は詳細をご一読ください。
※特に複数回・複数夜での参加を希望する方は、必ずお読みください。
<読み手参加基本事項>→読み手参加希望者用詳細
01・読み手参加料:一回一篇につき1名1000円
  回によってドリンクオーダーなどが別途必要です(観覧者と同様)。
02・各回の参加枠は、原則最大五夜(五篇)まで。
  「共催団体」等のある回については、一般募集枠が狭まる場合もあります。
03・各読み手の最初の1回一夜については、先着順に決定します。
  複数回・複数夜での参加を希望する場合は、各回応募締切日まで
  保留となります。
04・募集開始日や締切日は、実施回によります。

【観覧について】
・基本料金と、回によってドリンクオーダーなどが別途必要です。
・基本料金:初回/一般1200円・学生1000円
     2回目/一般1000円・学生800円
   3回目以降/一般800円・学生500円
・読み手参加した回もカウントします。

[企画・主催・一部主管]
松本言語表現実選所(MGHJ)
[協力・一部主催]
ヨミガタリを楽しむ会
[一部共催]
シアター・ラグ・203/演劇集合体マキニウム
[一部後援]
栗山町教育委員会

<参考>
□第一期(2012年度・冬)告知:
http://footmats.sapolog.com/e376684.html  続きを読む


2015年01月21日

《「夢十夜 Nights」2》読み手募集状況(最終)

2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》読み手参加募集状況
すべて終了いたしました。ありがとうございました。

→携帯用申込状況(下記が崩れている方に):
http://footmats.sapolog.com/e425172.html

<その他参照>
→総合告知:http://footmats.sapolog.com/e424101.html
→携帯用申込状況(下記が崩れている方に):
http://footmats.sapolog.com/e425172.html
日にち場所\夜 第一夜 第二夜 第三夜 第四夜 第五夜 第六夜 第七夜 第八夜 第九夜 第十夜
1st・11/29(土)はやし(北区) 終了いたしました
2nd・12/20(土)小林家(栗山町) 終了いたしました
3rd・12/22(月)ラグリグラ劇場(南区) 終了いたしました
4th・12/27(土)モンクール(中央区) 終了いたしました
5th・1/16(金)studio Mk-Boo!(東区) 終了いたしました
6th・1/21(水)Cafe Estrada(豊平区) 終了いたしました
→読み手参加者/空欄はまっつソロ
  続きを読む

Posted by ふとまつ at 22:40Comments(2)《「夢十夜 Nights」2》特設

2015年01月21日

夢十夜ラスト豊平区回読み手集合写真

この夜は聴き手も含め参加人数は最少でしたが、夢十夜の世界は最もひろがったように思います。
これで第二期は終了。またの機会にはもっとたくさんの方々に楽しんでいただけるよう図りたいと思います。
ありがとうございました。そしてよろしくお願いいたします。
  

Posted by ふとまつ at 22:22Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2015年01月21日

《「夢十夜 Nights」2》読み手募集状況(携帯用/最終)

2014年度・冬
《第二期「夢十夜 Nights」》
読み手参加募集状況
すべて終了いたしました。ありがとうございました。

日 場所
11/29  北区  一★ 三★ 八★ 九★ 十★ 終了しました。
12/20  栗山町 一★ 三★ 五★ 九★ 十★ 終了しました。
12/22  南区  二★ 三★ 五★ 六★ 十★ 終了しました。
12/27  中央区 一★ 二★ 三★ 八★ 九★ 終了しました。
1/16  東区  一★ 二★ 三★ 四★ 五★ 終了しました。
1/21  豊平区 二★ 三★ 六★ 七★ 九★ 終了しました。
※漢数字は篇タイトル「第◯夜」  続きを読む

Posted by ふとまつ at 21:30Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2015年01月21日

《第二期「夢十夜 Nights」》Last Night本日

もう本日となりました。
《第二期「夢十夜 Nights」》<Sixth Night>
http://footmats.sapolog.com/e426422.html
読み手参加枠、まだ1枠空きがありますが、
連絡処理が行き届かない恐れがあるので
後は当日現地でのお申し出に限ることにいたします。  

Posted by ふとまつ at 21:30《「夢十夜 Nights」2》特設

2015年01月21日

2015年1月21日(水)《「夢十夜 Nights」2》6th@豊平区

2012年度・冬の「夢十夜 Nights」では
Second Nightとして実施させていただいた
カフェ・エストラーダさん。

今期の6th最終日程として確定しました。

ジャズライブも頻繁に開催されている
カフェだけに、
他所とは違った趣き。
なにしろ
店内にはアップライトピアノと
ドラムセットが鎮座しているんですから。

「夢十夜」とはミスマッチじゃない?
と思う方もいらっしゃるかもしれないけど
前回やったときは、
全くそんなこと感じなかったんすね。

ある意味むしろ、そんな西洋的インテリアが
この「夢」として描かれた作品の
時代を超えて味わえる普遍性を
さりげなく示してくれたりしてたかも。

漱石さんって、英文学者だし(笑)。

本年夏には、2度も投げ銭ライブを
やらせていただきました。
とてもアットホームな雰囲気に
声が通っていく感じがするのです。

15.01.21
終了いたしました。ありがとうございました。
※記載のない「夜」はまっつソロでお届けしました。
第二夜 青木 春重さん(ヨミガタリを楽しむ会)
第三夜 かずさん
第六夜 新貝 伸二さん
第七夜 裕樹(ゆうき)さん
第九夜 新貝 伸二さん

読み手募集状況:
http://footmats.sapolog.com/e425171.html

<参考>
「夢十夜」について  続きを読む


2015年01月19日

最終豊平区回、残り枠1

残り枠1となりました。  

Posted by ふとまつ at 18:58Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2015年01月16日

2015年 1月16日(金)《「夢十夜 Nights」2》5th@東区

はい。「夢十夜 Nights」年明け最初は
マキニウムさんの稽古場を
夏の投げ銭ツアーに続いて
お借りしての実施です。

稽古場といっても
マキニウムさんの公演やイベントも
行われる場所。
横長に使えるアクティングスペースでは
また独特の空気が生まれそうです。

15.01.16終了いたしました。
※記載のない「夜」はまっつソロでお届けしました。
第一夜 笹木 香里さん
第二夜 佐藤 雅子さん
第三夜 岩瀬 真弓さん
第四夜 渡邊 悦子さん
第五夜 槙 文彦さん(演劇集合体マキニウム)

読み手募集状況:
http://footmats.sapolog.com/e425171.html

<参考>
「夢十夜」について

*-*-*-*-*
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》<Fifth Night>
予約ウエルカム!
日時:2015年 1月16日(金)19:00開演(30分前開場)
場所:studio Mk-Boo!(演劇集合体マキニウム稽古場)
参照:演劇集合体マキニウム http://makinium.jimdo.com/

東区北25条東16丁目1-2ステラ元町3F
(1階が中華居酒屋・2階がダンススクールの建物です。
地下鉄東豊線 元町駅 1番出口 徒歩1分
(建物北側やや奥まった所に上階への入り口があります)

なお2014年夏に撮った道のり写真があります。
http://footmats.sapolog.com/e421315.html
こちらもご参考になさってください。
季節は異なるので、周囲の風情は変わっているかもしれませんが…あしからず。


観覧料:基本料金/一般1200円・学生1000円
(初観覧時価格・リピーター割引あり)
読み手参加料(※各回共通):一夜につき1名1000円
(飲食店ではありませんので、別途オーダーは必要ありません)
※飲食持込み可。差し入れ大歓迎です!
◎ご覧(ご参加)の方は、今期事後回につきリピーター割引適用。

☆終了いたしました。

出演:ヨミガタリストまっつ 他
主催:松本言語表現実選所(MGHJ)
共催:演劇集合体マキニウム
協力:ヨミガタリを楽しむ会
予約・問合:まっつ( RXP03542@nifty.com )
--
★漱石「夢十夜」を読み語る夜。
☆初開催は2012年度、1年の間を置いて、またやります。
◎準備などの都合もありますので、なるべく事前にご予約ください。
☆お店じゃないので、オーダーはできません。
★飲食とともに楽しみたい場合は、お持込みください。
☆差し入れとかもあったらちょびっと交流会なんぞもやっちゃおうじゃないの。
◎読み手参加応募については、下記をご参照ください。
http://footmats.sapolog.com/e424895.html
*-*-*-*-*

↓《「夢十夜」Nights》総合告知↓
http://footmats.sapolog.com/e424101.html  続きを読む


2015年01月16日

最終豊平区回、残り枠2

完全先着順で再募集中の
豊平区回も
残り枠2となりました。  

Posted by ふとまつ at 13:16Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2014年12月27日

フライヤ記載情報についてのお詫び

本日時点までに
市内各所に置かせていただいている
フライヤに掲載した情報のうち
1/21(水)実施・豊平区回の
スタート時間に誤りがありました。

正しくはこちらブログで公表している19:00スタートです。
ここで訂正してお詫び申し上げます。
明日以降、できるだけ残存フライヤを修正していきたいと思います。
どうぞご容赦・ご理解くださるようお願い申し上げます。  

Posted by ふとまつ at 23:31Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2014年12月27日

2014年12月27日(土)《「夢十夜 Nights」2》4th@中央区

年内最後は、パン屋さん。

まっつをよくご存知の方には
おなじみのモンクールでの実施です。

いつもは「詩」を中心に
読ませていただいておりますが
この日は、明治文豪の作品。

さすがに「夢十夜」には
パンも珈琲も出てこないんですが、
それはそれ。これはこれ(笑)。

冬の夜長の一夜を
パンや珈琲を召し上がりながら
じっくりお楽しみください。

14.12.27
少人数でしたが、なかなか楽しい空気となりました。
もっとたくさんの方々に、お聴きいただきたかったですね。
※記載のない「夜」はまっつソロでお届けします。
第一夜 裕樹(ゆうき)さん
第二夜 高橋 孝太さん
第三夜 久保 麻紀さん(Photo*reena副代表・ライター、デザイナー、プランナー)
第八夜 青木 春重さん(ヨミガタリを楽しむ会)
第九夜 藤田 恵さん

読み手募集状況:
http://footmats.sapolog.com/e425171.html

<参考>
「夢十夜」について  続きを読む


2014年12月22日

2014年12月22日(月)《「夢十夜 Nights」2》3rd@南区

2014年夏の投げ銭ツアーで
ヨミガタリストまっつとしては
初めてお世話になりました
ラグリグラ劇場。

その際に、予告的に
「夢十夜」の一篇を
読んだんですが
雰囲気、出るなあ。
そう思いました。

その時にはホントにやるとは決めてなかったんだけど、
やっぱし、こうなりました(笑)。

なお、冬季は非常に寒いそうです。
暖かい服装が必須です。
温かい飲み物を調達してきたほうが
よいかも。

14.12.22
また劇場照明による独特の空気感の中、終了いたしました。
そうそう、しっかり暖房してくれたので
そんなに寒くはありませんでした。
ありがとうございました。
※記載のない「夜」はまっつソロ
第二夜 平井 伸之さん(シアター・ラグ・203)
第三夜 萬年 わこさん(シアター・ラグ・203)
第五夜 新貝 伸二さん
第六夜 村松 幹男さん(シアター・ラグ・203)
第十夜 青木 春重さん(ヨミガタリを楽しむ会)

読み手募集状況:
http://footmats.sapolog.com/e425171.html

<参考>
「夢十夜」について

*-*-*-*-*
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》<Third Night>
終了しました
日時:2014年12月22日(月)20:00開演(30分前開場)
場所:ラグリグラ劇場 ( 011-813-8338 )
南区澄川3条3丁目 米永ビル2F
地下鉄南北線 澄川駅から徒歩5分程度
(マックスバリュー側に出て、平岸街道を南下
通り反対側のdocomoショップ南隣の建物
北側に外階段あり2Fへ)

シアター・ラグ・203
http://www.mmjp.or.jp/ragu/
に掲載のマップを
許諾いただきここに転載します。

なお2014年夏に撮った道のり写真があります。
http://footmats.sapolog.com/e422162.html
こちらもご参考になさってください。
季節は異なるので、周囲の風情は変わっているかもしれませんが…あしからず。


観覧料:基本料金/一般1200円・学生1000円
(初観覧時価格・リピーター割引あり)
読み手参加料(※各回共通):一夜につき1名1000円
(飲食店ではありませんので、別途オーダーは必要ありません)
※飲食持込み可。差し入れ大歓迎です!
◎ご覧(ご参加)の方は、今期事後回につきリピーター割引適用。

☆読み手参加者確定

出演:ヨミガタリストまっつ 他
主催:松本言語表現実選所(MGHJ)
共催:シアター・ラグ・203
協力:ヨミガタリを楽しむ会
予約・問合:まっつ( RXP03542@nifty.com )
--
★漱石「夢十夜」を読み語る夜。
☆初開催は2012年度、1年の間を置いて、またやります。
◎準備などの都合もありますので、なるべく事前にご予約ください。
☆お店じゃないので、オーダーはできません。
★飲食とともに楽しみたい場合は、お持込みください。
☆差し入れとかもあったらちょびっと交流会なんぞもやっちゃおうじゃないの。
◎読み手参加応募については、下記をご参照ください。
http://footmats.sapolog.com/e424895.html
*-*-*-*-*

↓《「夢十夜」Nights》総合告知↓
http://footmats.sapolog.com/e424101.html  続きを読む


2014年12月20日

2014年12月20日(土)《「夢十夜 Nights」2》2nd@栗山町

確定第二期Second Night開催場所は
なんと、栗山町の
明治三十年建築の日本家屋「小林家」。
http://www.kobayashike-maruta.com/

明治文豪の作品を
そんな場所で読み語れるなんて
(聴けるなんて)
贅沢だよねー。
ますます雰囲気、出てくるよねー。

てなわけで、イベント前には
まっつと一緒に
「小林家見学」も実施(別料金)。
読み手も聴き手も
一緒に雰囲気に入り込みましょう。

なお、とにかく
見学コースは「寒い」そうです。
極寒対応でお越しくださいとのことですよー。

小林家の公式サイトでも
ご紹介いただいてます。
http://www.kobayashike-maruta.com/

14.12.20
大変盛況のうちに
趣き一層深く終了いたしました。
ありがとうございました。
※記載のない「夜」はまっつソロ
第一夜 長澤 正子さん(栗山リーディングサービス・とらいあんぐる)
第三夜 カッチャン(主婦)
第五夜 小林 千栄子さん(小林家 代表)
第九夜 遠藤 たかさん
第十夜 青木 春重さん(ヨミガタリを楽しむ会)

読み手募集状況:
http://footmats.sapolog.com/e425171.html

<参考>
「夢十夜」について

*-*-*-*-*
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》<Second Night>
終了しました
日時:2014年12月20日(土)18:00開演(30分前開場)
場所:登録有形文化財 明治 蔵元の生家 小林家
http://www.kobayashike-maruta.com/
夕張郡栗山町錦3丁目109番地 ( 0123-76-7228 )

観覧料:基本料金/一般1200円・学生1000円
    (リピーター割引あり)
    +1オーダー
◎ご覧(ご参加)の方は、今期事後回につきリピーター割引適用。

14.11.19
☆読み手参加者:埋まりました。

読み手参加料(※各回共通):一夜につき1名1000円
    +1オーダー
 12月12日(金)最終締切
 ※締切時に空きのある場合は再募集します。

※イベント前に、まっつと一緒に、
 小林家見学が可能です(下記参照)。

出演:ヨミガタリストまっつ 他
主催:ヨミガタリを楽しむ会
主管:松本言語表現実選所(MGHJ)
後援:栗山町教育委員会
特別協賛:株式会社小林家
■予約・問合:ヨミガタリを楽しむ会( tanosimuyomigatari@yahoo.co.jp)
--
★漱石「夢十夜」を読み語る夜。
☆初開催は2012年度、1年間を置いて、またやります。
★明治30年築の日本家屋で聴く、明治文豪の名作をお楽しみください。
◎準備などの都合もありますので、なるべく事前にご予約ください。
◎読み手参加応募については、下記をご参照ください。
http://footmats.sapolog.com/e424895.html
*-*-

[オプション]
【まっつと一緒に小林家見学】(要予約)
当日、開場前に、小林家の見学ができます。
ヨミガタリストまっつも同行しますので、
ちょっぴり「特別」な見学となりますよ。
ご希望の方は「夢十夜Night」のご予約の際にお申し付けください。
================
・見学料金は、別途おひとり様1000円です。(お茶・干菓子付)
・午後4時スタートです。(5分前集合)
・大変“寒い”です。十分すぎるくらいの厚着でご参加ください。
 スキー場に行くくらいの厚着でふさわしいくらいだそうです。
・段差がたくさんありますことをご承知おきください。
※希望者の人数によって、スタート時間が変更になる場合があります。
■予約・問合:ヨミガタリを楽しむ会( tanosimuyomigatari@yahoo.co.jp)
*-*-*-*-*

↓《「夢十夜」Nights》総合告知↓
http://footmats.sapolog.com/e424101.html  続きを読む


2014年12月20日

中央区回、読み手参加者募集締切。読み手確定しました。

12/19(金)24:00をもって
中央区回の読み手参加募集締め切りました。
これでこの回も、読み手は確定いたしました。
追加募集は現時点ではありません。

追って、参加者名等を公表いたします。
よろしくご来観のほど、お願いいたします。

14.12.20
読み手参加者名を公表しました。
http://footmats.sapolog.com/e424990.html  

Posted by ふとまつ at 10:30Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2014年12月17日

南区回読み手参加者確定

南区回(12/22・3rd)の
読み手参加が確定しました。
http://footmats.sapolog.com/e426366.html  

Posted by ふとまつ at 03:32Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2014年12月16日

栗山回・南区回状況

栗山回の読み手参加者公表しました。
http://footmats.sapolog.com/e424988.html

南区回、読み手参加者募集締切りましたが、
空き枠があるので追加募集しています。
http://footmats.sapolog.com/e426366.html  

Posted by ふとまつ at 01:30Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2014年11月29日

2014年11月29日(土)《「夢十夜 Nights」2》1st@北区

終了しました

ありがとうございました


第二期「夢十夜 Nights」初回は
第一期でも初回実施だった
ギャラリー併設の
「石の蔵ぎゃらりぃ はやし」さん。

ギャラリーの石蔵は
大正初期、
カフェ部分の建物は
昭和初期に建てられた
レトロ感覚いっぱいの
スペースです。

第一期では初開催初回ということもあり
まっつオンリーで読みましたが
今期はこの回から
読み手参加を募集。

なかなか多彩な方々に
ご参集いただき
豊かな夢世界が、展開しました。

※記載のない「夜」はまっつソロでお届けします。
第一夜 金路 陽子(ゴールデンようこ)さん
第三夜 三好 恵津子さん
第八夜 裕樹(ゆうき)さん
第九夜 小野 静香さん
第十夜 新貝 伸二さん

当日の読み手参加者記念写真
http://footmats.sapolog.com/e427710.html

読み手参加の皆さんも、聴き手参加の皆さんも
おつかれさまでした&ありがとうございました。

<参考>
「夢十夜」について

*-*-*-*-*
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》<First Night>
終了いたしました
日時:2014年11月29日(土)17:00開演(30分前開場)
場所:石の蔵ぎゃらりぃ はやし
http://bit.ly/1vsvQ7J (googleマップ)
札幌市北区北8条西1丁目1-3 (011-736-0884)

観覧料:基本料金(※各回共通初回価格)/一般1200円・学生1000円
    +1ドリンクオーダー(500円)
読み手参加料(※各回共通):一夜につき1名1000円
+1ドリンクオーダー(500円)
◎ご覧(ご参加)の方は、今期事後回につきリピーター割引適用。

☆この回は終了いたしました。

出演:ヨミガタリストまっつ 他
主催:松本言語表現実選所(MGHJ)
協力:ヨミガタリを楽しむ会
応募・予約・問合:まっつ( RXP03542@nifty.com )
--
★漱石「夢十夜」を読み語る夜。
☆初開催は2012年度、1年の間を置いて、またやります。
★今期は、この初回から他の読み手参加も募集しての実施です。
◎準備などの都合もありますので、なるべく事前にご予約ください。
◎読み手参加応募については、下記をご参照ください。
http://footmats.sapolog.com/e424895.html
*-*-*-*-*

↓《「夢十夜」Nights》総合告知↓
http://footmats.sapolog.com/e424101.html  続きを読む


2014年11月28日

<First Night>北区回(11/29)再募集終了

<First Night>北区回(11/29)
http://footmats.sapolog.com/e424987.html
の読み手参加者のおひとりが
急病のため病欠となりました。
よって、1枠再募集いたします。
空いている夜(二・四・五・六・七・九)からの選択も確定させてご応募ください。
先着1名様で決定します。
(再募集による応募は、今後の志望順位には反映しません)

なおこれに伴い、観覧ご予約のキャンセルもありましたので
お席の方も余裕のある状況となりました。
奮ってご観覧もお願いします。

14.11.28
再募集に応募があり、募集終了します。  

Posted by ふとまつ at 01:35Comments(4)《「夢十夜 Nights」2》特設

2014年11月27日

<First Night>北区回(11/29)残り席余裕ありとなりました。

<First Night>北区回(11/29)のご観覧予約ですが
残り2席が埋まりましたら、いったん締め切らせていただきます。
その後、調整により
さらに受付可能かどうかなど、ここでお知らせします。

11.11.27
読み手参加者1名欠席に伴い
ご観覧予約のキャンセルもあり
今現在は、ゆとりある状況となっています。  

Posted by ふとまつ at 20:15Comments(0)《「夢十夜 Nights」2》特設

2014年11月23日

「夢十夜」について

「夢十夜」
1908年(明治41年)の夏に新聞連載。漱石には珍しい短編連作。その幽玄多彩な作品世界は、映画などにもなっている。

「夏目漱石」
「坊ちゃん」「吾輩は猫である」等の長編小説で著名な小説家。1867年2月9日(慶応3年1月5日)生誕、1916年(大正5年)12月9日没。2004年発行分まで千円札に肖像が使われたことで覚えている人も多いかもしれない。

[まっつ的「夢十夜」紹介]
 ご存知、夏目漱石の手による短編連作。いや、漱石作品を読んだことのある人でも、この短編群は知らないって人も多いっすね。
 ざっと見渡してみても、漱石の作品は読み語りには向かないものが多いんです。・・長いから。いや、一部抜粋という形であればいいんだろうけど、なかなかそれってむずかしいですよ。

 「小品」とされる作品はそこそこある。ただそれって小説なんだかエッセイなんだか、しっかり研究してない自分には区別が付かないんですよね。
 そんな中でこの「夢十夜」は、さすが「夢」と題しているだけあって、幻想小説って言っちゃっていいだろうと思える次第。

 作者の時代を舞台とする篇が多いものの、江戸時代を思わせる篇や、はるか古えを舞台にしたものもある。とはいえ夢にありがちな妖怪変化の類いは、明確な形では登場しない。「どっちなの」というやや曖昧な登場が、むしろ夢らしいといえば夢らしい。
 地の文の筆致も、明らかに登場主体人物として語られている篇から、夢にいて観察している側のものであったり、登場人物筆致でありつつはるか彼方を描写する篇もある。さらに最後に伝聞と分かる展開や、伝聞を観ていたような語り口で続けていく篇もある。
 そのあたりの多様性も、何度読んでも飽きない要因じゃないかな。

 そんな風に、このところはすごく親しげにこの十篇と付き合っているまっつですが、ちゃんと読んだのは、まあなんと、読み語りを初めてから、なのです。読み語りにふさわしい作品を探してのことだったんですね(確か)。
 高校時代、漱石長編は読破してやろうと思って、とにかくも読み切ったんですけど、短いものは「倫敦等」の???な感じに入っていけず、以後挫折したって記憶があるくらい。だから読んでなかったはず。ま、長編についても「読んだ記憶」があるだけで、中身はもうほとんど思い出せないくらいだから、どうってことないことですけどね(笑)。

 ざくっと内容を知りたいなら、Wikiに各篇紹介が載ってます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/夢十夜

 そして全篇とも「青空文庫」で読めます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html

「夢十夜」について2-各夜  続きを読む